パソコンの動作が遅い時はどうしたら良い?

パソコンの動作が遅い時はどうしたら良い?

パソコンは使えば使うほど、徐々に動作が遅くなっていくのが普通です。
何故なら、使っているうちに色々なものを保存したり、PCを使いやすくするための様々なソフトをインストールしたりして、どんどんパソコンの容量を使っていくからです。
パソコンの動作が遅くなる原因はいくつかあり、解消するためにはその原因によって対処する必要があります。
インターネットを長時間使っていると、その設定内容にもよりますが、様々なものがキャッシュ(パソコンの中に一時保存)されて、どんどん溜まっていくため、パソコンの動作を遅くすることがあるでしょう。
そのため、インターネットの一時ファイルを削除して、パソコンを再起動するだけで動きが軽くなることがあります。
ですが、それをしてもあまり変わらず、常時重いと感じたら、次に疑うべきなのは常駐プログラムです。
インストールしたソフトの中には、常駐ソフトと言って、使ってない時でも常にパソコンの中で一定の容量を使っているソフトがあります。
例えば、ウィルス対策ソフトが常駐ソフトとして有名ですね。
ウィルス対策ソフトは切るわけにはいきません。
でも、他にも、メッセンジャーソフトのように必要ないのに勝手に常駐しているソフトもあるはずです。
右下のタスクトレイに余分な常駐ソフトがあったら、その都度、切ったり、アンインストールしてしまいましょう。
パソコンのスペックが低い場合にも、当然、動作は重くなります。
主にメモリーとCPUの性能によって動作は大きく変わりますから、メモリーを増設するだけでも随分違うこともあります。