ウイルスバスター

ウイルスバスター

ウイルス対策ソフトとしては、世界標準ともいわれているものがウイルスバスターです。
ウイルスバスターは、1991年に最初のバージョンがウイルス対策ソフトとしてリリースされ、その後年1回程度のペースでバージョンアップが行われてきています。
1995年から「ウイルスバスター」の後に年表記が加わってきています。
当初はウイルス対策だけのソフトでしたが、ハッカーなどによる進入の手段が高度化するに従って、ウイルスバスターも様々な機能を取り込みウイルスバスター2004からは、総合セキュリティ対策ソフトになりました。
現在では、スパイウエア・フィッシング詐欺・個人情報漏洩なども防ぐことができるようになっています。
2005年4月には、ウイルスバスターのパターンファイルの問題により、「CPU使用率が100%になる」という問題が起こりパソコンが動かなくなって、企業や個人ユーザーが深刻な被害を受けました。
ウイルスバスター2009はウイルスバスターの最新バージョンで、特徴としてはメモリー使用量が「ウイルスバスター2008」に比べて45%削減され、動作が軽いと評判だったウイルスバスター2008をさらに軽くしたとの評判があります。
ウイルスバスター2009は、1つのシリアルナンバーで同一家庭内で3台のパソコンまで使用できることも大きな特徴になっていて、1年契約を結ぶことで最新版のダウンロードと使用が可能になっています。
ウイルスバスター2009では同一法人に対しても1シリアル3台まで使用可能になっています。