パソコンウィルスとマナーの問題

パソコンウィルスとマナーの問題

パソコンを使用していると、どうしてもウイルスの危険がつきまといます。
これは自分だけの問題ではなく、例えばワームにはコピーをメールし続けて範囲を拡大させる性質があります。
気がついたら自分が加害者になってしまった、ということにもなりかねません。
ウイルスはいつ入り込むかわからないので、十分な知識で対応していくしかないのです。
まず最低限のマナーとして、自分のパソコンからの感染拡大を防ぐためにウイルス対策ソフトを必ず入れておきましょう。
これだけでかなりのウイルスを防げますし、定期的に更新することでウイルスの進入を抑え続けることができます。
ただし、更新をしなければ意味がないので必ず更新しましょう。
基本的にはこれでほぼ問題はありませんが、ウイルスの定義は新しいウイルスが出るたびに更新されるので、定義にない新種のウイルスには対応できません。
なので不信なファイルやサイトには絶対に近づかないようにしましょう。
しかし、ウイルスの製作者はあの手この手で感染させようとしてきます。
先述したワームのように、メールに添付させてファイルを開かせるものや、エクセルのマクロなど、よく使われるソフトに忍ばせてある場合もあります。
特にビジネス用のパソコンはハッカー(ウィルス等を送り込む悪質な人を特にクラッカーと呼びます)に狙われやすいため、万一感染してしまうとマナー違反どころか会社の損失にもなってしまいます。
ウイルスのみならず、様々な罠がインターネットにはありますので、自分が加害者にならないようマナーを守って慎重に利用しましょう。