パソコンウィルス対策

パソコンウィルス対策

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)とは、パソコンのデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、パソコンが起動できなくなるようにしたりする悪質なプログラムのことです。
インターネットの普及によって、パソコンの破壊目的だったものが、感染したPCをハイジャックして仕掛けた側のインターネット広告を強制表示させ金銭を奪ったり、偽の情報を強制表示してお金やクレジットカード番号果やネット上のIDやパスワードを盗みだすといったパソコンウイルス(コンピューターウイルス)が主流になってきました。
こうしたパソコンウイルスの感染を防ぐ一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。
最新のウイルス対策ソフトウェアをパソコンに入れておけば、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することを防ぐことができます。
この他のパソコンウイルス対策としては、OSがWindowsの場合のセキュリティ対策は、WindowsUpdateをこまめに行なう。
インターネット・エクスプローラを最新版にする。
Office製品を最新版にするなどです。
こうした対策を行っていないと、簡単にウィルスに感染し発病してしまいます。
他人にクレジットカードの情報を盗まれて買い物をされ、自分に高額な請求が来たり、 インターネットバンキングを行っている場合、知らない間に口座から現金を引き落とされてしまったり、自分のパソコンを経由して他のコンピュータに攻撃をかけられ、攻撃をかけられた企業や個人から損害賠償を求められる被害が発生したりということにもなりかねません。