パソコンウィルスとは

パソコンウィルスとは

パソコンウイルス(コンピューターウイルス)とは、プログラミングなど自分の力を誇示したいなどの理由で、パソコンのデータを壊したり、パソコンが起動できなくなるようにしたりする悪質なプログラムです。
パソコンウイルス(コンピューターウイルス)は、興味をひくような件名の電子メールに添付されていたり、意図的に仕掛けを施されたホーム ページなどから、ユーザーに気づかれないようにパソコンに送り込まれます。
パソコンウイルスが進入したパソコンは、ハードディスク内のデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、外部からコンピューターを勝手に操作できるようにしたり、システムを不安定にさせたりなどの症状をひき起こし、最悪の場合パソコンが壊れてしまいます。
パソコンウイルスの感染源として、@ メールのやりとり Aインターネット上からのファイルのダウンロード Bほかのコンピュータとのデータの共有 CフラッシュメモリーやCD等でのデータのやりとり等 があります。
パソコンウイルスに感染しないためには、不信なメールを表示しない、素性のわからないホーム ページを開かないなどの方法がありますが、一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することです。
最新のウイルス対策ソフトウェアをパソコンに入れておけば、パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染することを防ぐことができます。
ウイルス対策ソフトウェアは、常に新しいデータに更新しておくことが肝心です。