パソコンウィルスに感染したら

パソコンウィルスに感染したら

パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染するとハードディスク内のデータを壊したり、プログラムを書き換えたり、外部からコンピューターを勝手に操作できるようにしたり、個人情報をインターネット上に流失させたり、パソコンの動作がものすごく遅くなるなどシステムを不安定にさせたりなどの症状をひき起こし、最悪の場合パソコンが壊れてしまいます。
パソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染しないための一番有効な対策方法は、最新のウイルス対策ソフトウェアを使用することですが、万一 パソコンがパソコンウイルス(コンピューターウイルス)に感染したときには、まず最初に、ネットワークにつながっている場合はネットワークを通じた被害拡大を防ぐために、ネットワークケーブルを外す必要があります。
そして、ウィルス対策ソフトウェアの最新版を用意し、感染したウィルスの駆除作業を行ないます。
無事に駆除できて、ウィルスが潜んでいないことが確認できた場合には、再び元のようにパソコンを使うことができます。
しかし、不幸にして駆除できないウィルスに感染してしまっている場合、そのコンピュータの修復は不可能です。
この場合は、コンピュータに記憶された情報をすべて消し去り、ゼロから作り直す「再セットアップ作業」が必要になります。
こうならないためにも、ウイルス対策ソフトウェアは、常に新しいデータに更新しておくことが肝心です。