撮ったデジカメを編集するパソコンを選ぶ注意点

撮ったデジカメを編集するパソコンを選ぶ注意点

パソコンを購入するなら、何をメインに利用するのかによって、選択肢が変わってきます。
デジカメで撮影した画像を編集する機会が多いのなら、画像の処理をスムーズに行う為にも、ハードのギガ数が大きいものを選択したいところです。
中古の古い型だと、値段はすごく安かったりしますが、画像を取り込み過ぎると、重くなったり固まったりしがちです。
最新式のものは、160ギガバイト以上が一般的なので、大抵の事はそつなくこなせます。
画像の保存をたくさんしたいのなら、250ギガバイト以上のものをお薦めします。
同様に、メモリも大きい方がいいでしょう。
最低でも、1ギガバイト以上のパソコンを選択してください。
理想としては、2ギガバイト搭載のものが動きが安定するので安心です。
CPUは、静止画の処理を主に行うなら、2ギガヘルツ程度でも大丈夫でしょう。
画像をCDに焼きたいなら、書き込み可能なドライブを選択しましょう。
最近は、CDとDVDの両方に対応したタイプが一般的です。
読み出し専用はROM、書き込み可能なものはR・RW・RAMなどと表記されます。
また、スロットにも注目してください。
持っているデジカメのメモリーカードに対応したスロットを選択しておくと、変換も接続もせずにデータの転送ができます。
使いだすと案外重宝するので、ぜひ試してみてほしいです。
パソコンを比較していると、色々な機能が目につきますが、テレビチューナーやブルーレイなどは、個人的には、次の機会に別で購入した方がいいと思います。