中古で安く買う?

中古で安く買う?

パソコンを購入しようと考えた時に、中古だと安く買うことができるのではと考える人も多いのではないでしょうか。
しかし、中古のパソコンは、値段が安いという魅力以上にデメリットもたくさんあることを知っておく必要があります。
まず、中古のパソコンとなると、他人の使用感が残っていることが多いので、中古感を我慢しなくてはいけません。
また、パソコンはシーズンごとに次々と新しいバージョンや高性能なパソコンが発売されています。
そのため、中古パソコンは安い代わりに、性能が悪かったり、最近の機能が充実していないということを念頭においておかなくてはいけないでしょう。
さらに、中古のパソコンで気になる点としては、他人が使用した後ということもあり、保証期間が短くなっていることが多いということです。
パソコンはハードウェアやバッテリ電池、ディスプレイにも寿命があると言われています。
中古で購入した場合には、これらのパーツの寿命が近くなっていることがあるのです。
中古で安くパソコンを買ったとしても、万が一、故障してしまった場合、保証期間外になっていると修理費用も高額になるだけでなく、手間もかかってしまいます。
せっかく安く買ったパソコンも、余分な出費で高くついてしまったら、もったいないですよね。
パソコンの知識があり、中古のパソコンを自分なりに使い易く整備出来る人ならば問題はありません。
でも、パソコン初心者であったり、パソコンの詳しい知識がない人は、安いからと安易に中古の物を購入しない方がよいでしょう。