DVDコピーの障壁、コピーガードって?

DVDコピーの障壁、コピーガードって?

DVDコピーの最大の難関はコピーガードをいかに解除するかという点にあります。
このコピーガードがあるがゆえに複製に挫折したという方も多いことでしょう。
確かにDVDにはコピーガードというプロテクト機能が備わっています。
これを解除しなくてはもちろん複製はできません。
しかしこのプロテクトは簡単に外すことも可能なのです。
なぜなら複製だけでなく再生にもコピーガードの解除が必要だからです。
つまり私たちはDVDを観るたびに知らないうちにプロテクトを解除していたのです。
ではパソコンで簡単にDVDコピーを行いたいという場合はどうしたらよいのでしょうか。
まずはプロテクト解除のためのソフトをダウンロードする必要があります。
この解除のためのカギになるソフトは、Shrinkと呼ばれています。
実はこのShrinkは大変有能で多機能であるにもかかわらず、無料のフリーソフトなのです。
ダウンロードしておいて損はありませんね。
Shrinkは特典映像の複製や字幕の有無選択までさまざまな仕事をこなすソフトです。
このソフトの最大の働きはトランスコードと呼ばれる圧縮です。
メディアには4.7GBの片面1層のものと8.5GBの片面2層のものがあります。
Shrinkは圧縮を行うことで8.5GBの内容を4.7GBのメディアにうつすことができるのです。

しかしShrinkは以前に完成してしまったソフトなので最新のプロテクトには対応できません。
そこで新しいプロテクトを解除するためのFab HD Decrypterというソフトが必要になります。
これもフリーでダウンロードできます。
このコピーガード解除のことをリッピングと呼びます。
リッピング機能で一度情報をパソコンに保存してからShrinkで圧縮を行います。
さらに ライティングを行う無料ソフトDecrypterで書き込みます。
こうすることで最新のコピーガードも簡単に外すことができますし、パソコンやプレイヤーなどさまざまな機器に互換性のあるメディアを作ることができます。
今後ますますDVDは家庭に浸透していくと考えられています。
機械にあまり強くない高齢者や女性でも、この3つのフリーソフトがあれば簡単に安くDVDコピーを行うことができます。
今まではビデオレターを田舎のお祖父ちゃんお祖母ちゃんに送っていたという家庭でも、DVDコピーが簡単にできればより美しい画像と音声を安い送料で届けることができますね。
秋の夜長に年末年始の家族だんらんに、重宝すること間違いなしです。
これからテレビの前のこたつで過ごす時間が増えてくる前に、簡単なDVDコピーの技を習得し大切な思い出やドラマティックな出来事をみんなで大いに楽しみましょう。