DVDコピーでエラーが出る?

DVDコピーでエラーが出る?

市販のDVDコピーを試みて、エラーが出てしまうというケースをご存知の方も多いと思います。
そもそも、DVDコピーについては、個人的な使用及び鑑賞目的な場合のみ、許される行為です。
そのため、厳密には違法な行為ではありませんが、市販のDVDには様々な形式のコピーガードが存在しており、個人でDVDをダビングしようとした場合、エラーが表示されてしまいます。
これは、不用意に市販のDVDがコピーされ、販売・配布することを未然に防ぐために、技術的にガードが付与されているためです。
そこで、様々な雑誌やムックにてフリーソフトのDVDコピーソフトが紹介され、必要に応じてコピー時のエラーを無視して複製出来る物が人気を集めています。
これらは、様々な種類のコピーガードに対応しており、中には有償のソフトウェアでしか外す事が出来ないコピーガードにも対応しているものがあります。
ある意味、どんなDVDでもコピー出来てしまうという点では、怖いソフトウェアであるとも言えます。
しかし、DVDコピーに関して理解しておくべきことは、コピーガードを外す行為そのものは、アクセス防止技術なので著作権法ではなく、不正競争防止法の範疇に入ってしまうことです。
そのため、これらコピーガードを外し、DVDをコピーするソフトウェアそのものを配布することは、"アクセス防止技術を回避する行為をわざと助長した"と捉えられてしまうため、気を付けるべきです。
一番良い方法は、市販のDVDはあくまでもレンタルで借りたり、インターネット上の有料動画配信サイト上で鑑賞することです。
その上で、著作権などの違反に捉われず、DVDのコピーをしたいという場合には、自分で撮影した動画や他者が作成・撮影した動画をDVDにダビングしたり、了解の下で貸し借りするようにしましょう。
仮に、他者から借りたDVDをダビングする際にエラーが発生した場合には、何らかのコピーガードが掛かっている可能性があるため、必ず了解を貰った上で、コピーガードを外すソフトウェアを利用して、DVDをコピーしてみましょう。
大切なことは2つです。
1つ目はDVDコピーを行うにあたり著作権は誰にあるのか。
2点目はエラーが発生した場合、コピーガードを外しても良いDVDなのかどうか、しっかりと見極めることが重要だということです。
皆さん、しっかりとDVDコピーに潜む罠に気を付けながら、個人の範囲で楽しんで下さい。