macでDVDコピーするなら?

macでDVDコピーするなら?

スタイリッシュなmacを愛用している人も大勢いますが、家族で撮影したムービーなどを編集したDVDを、親戚や友人に配りたいと思った時、mac DVDコピーは以外に簡単だということを知っていましたでしょうか。
mac DVDコピーをする際には高価なソウフトウェアが必要だと思いがちですが、実はフリーソフトでも便利なものが登場しているのです。
ここで紹介するのはMactheRipperというフリーソフトを使う方法です。
ダウンロードはMactheRipperのサイトから簡単にできます。
まず、これを操作する前に、DVDには1層式と2層式があることを知っておきましょう。
若干手順が異なりますので注意が必要で、MactheRipperが対象としているのも1層式の方なのです。
ここでは1層式の説明をしますが、後で2層式の方法も説明します。
まずmac DVDコピーは、MactheRipperを使ってリッピングを行うことから始まります。
操作は簡単で、ソフトを起動させた後で対象となるDVDを挿入し、「GO!」というボタンをクリックするだけです。
するとさっそく作業が開始され、画面上のカウンターで時間がゼロになったら「Extraction Complete」となりボンバーマンのキャラクターが表示されます。
保存先にはVIDEO_TSフォルダとAUDIO_TSフォルダが作られます。
これがmac DVDコピーの第1段階です。
できましたら、1層式のDVDの場合は書き込みの作業に移りますので、メニューは「Burn」にしてください。
ここで先ほどのファイルをデータにしてフォーマットをDVD-Videoにします。
環境設定では、データの「完全互換DVDビデオディスクを作成する」の項目にチェックを入れます。
作業的には、空のDVDを挿入し保存先のVIDEO_TSフォルダとAUDIO_TSフォルダをリストの中にドラッグアンドドロップで入れて、ディスク作成ボタンをクリックするだけです。

さて、2層式には別の手順があると言いましたが、それは2層式のDVDを先ほどの方法でリッピングしてDVDに焼こうとしても、データが大きく、1層式のDVDは4.7GBまでなので収まらないのです。
そこで別のDVD2oneX2などのソフトを使って1層分に圧縮する方法を取らなければなりません。
DVD2oneX2はシェアウェアなのですが使いやすいソフトで、片面2層のDVDを1層分のデータに圧縮できる上、2層データのまま、片面2層ディスクに書き込むこともできます。
30日間試用可能ですから、1回試してみるのもいいと思います。
メニューもシンプルで、1層の時と同様に空のDVDを挿入し、「メニュー、特典映像など、DVDを完全にコピーします」を選んでクリックしてください。
次にMactheRipperでリッピングしたファイルを選択します。
ここで設定メニュー画面の出力が「DVD-R(W)」になっている事を確認してメニュー右下の緑のボタンをクリックします。
最後にダイアログを「書き込み」にしてOKボタンを押せば作業が始まります。
圧縮した後は1層式と同様に「Burn」で焼くのでも構いません。
補足ですが、片面2層式でmac DVDコピーをするにはドライブとディスクが片面2層書き込みに対応している必要があるので、事前確認をお願いします。