動画をダウンロードしてDVDにコピーする?

動画をダウンロードしてDVDにコピーする?

インターネット上で公開されている動画を、自宅パソコンでDVDコピーを試みたいという方も多いようですので、そうした個人でインターネットの動画を楽しみたい方向けに動画のダウンロードを活用した簡単な方法をご紹介します。
但し、DVDコピーについては、個人的な使用及び鑑賞目的の場合にのみ許される行為です。
そのため、厳密には違法な行為ではありませんが、ダウンロードした動画を商用で販売したり、違法に扱う行為は許されていませんので注意しましょう。
DVDコピーをしたいと考えている人は、DVDコピー専用フリーソフトを利用しているという人も多いようです。
中でも、特に人気なのが「シュリンク」と呼ばれるソフトがとても手軽で便利だと言われています。
DVDをコピーする際には、まずはこのフリーソフトをダウンロードしなければいけません。
そしてダウンロードしたフリーソフトをインストールすればこれで使えるようになります。
しかし、DVDのコピーの仕方がいまいちわからないという方の場合には、シュリンクの利用方法を紹介しているサイトがありますので、それらの有用サイトを参考にしてみると良いでしょう。
さて、DVDコピーをする際に便利なシュリンクですが、DVDのバックアップをするためのソフトでDVDのコピーガードを解除して、DVDをコピーするというのは違法に当たります。
決して個人でもやってはいけない行為であるため、利用には注意しましょう。
そのためどんなDVDでもコピー出来てしまう点では、怖いソフトウェアであると言えます。
実際に、こうしたソフトウェアを利用して、DVDコピーを試す際にエラーが発生する場合があります。
これは、DVDコピーを不正に行われるのを防止するためにコピーガードが施されている場合があるからです。
大量に複製盤が出回ることで、正規商品を定価で購入しようとする人が減少するためであり、音楽業界や映像業界としては当然の処置です。
DVDコピーに関して理解しておくべきことは、コピーガードを外す行為そのものは、アクセス防止技術なので著作権法ではなく、不正競争防止法の範疇に入るということです。
そのため、これらコピーガードを外し、DVDコピーするソフトウェアそのものを配布することは、"アクセス防止技術を回避する行為をわざと助長した"と捉えられる危険性があります。

ですから、そういった類のソフトウェアをダウンロードすることも、危険と言えるのです。
皆さん、DVDコピーを楽しむ上で、こうしたコピーガードを外すソフトウェアのダウンロードや利用を行う際には、くれぐれも注意して下さい。