DVDコピーのソフトって?

DVDコピーのソフトって?

DVDで録画するタイプのビデオカメラも普及している事もあり、自家製DVDをお持ちの方も多いと思いますが、実は時間の経過と共に劣化する事をご存知でしょうか。
大切なデータを安全に取り扱う為に、バックアップ用のDVDコピーを簡単に行えるソフトを今回紹介しようと思います。
DVDは保存方法にもよりますが、20年も経つと読み取り不可になる可能性がありますし、太陽光の当たる場所に置くと一月もせずに読み取り不可になってしまいます。
ですから、大切なデータを安全に取り扱うのならば、定期的にバックアップをとる必要があるのです。
バックアップの際、問題になるのがDVDコピー用のソフトをどれにするか、という事です。
DVD−Rのドライブが付いたパソコンがあれば、DVDをコピーすることが出来きますが、OSに最初から付いているものは不親切で、時間もかかり非常に不便です。
そこで、今回私が調べた限りでオススメできるDVDコピー用のソフト(DVDコピーツール)をいくつがご紹介したいと思います。
まずは無料DVDコピーツールの代表的ソフト「DVD Shrink」です。
これは容量が8.5GBの2層式のDVDメディアを、4.7GBのDVDメディアに入るようにデータを圧縮、編集してくれるソフトです。
もちろん、動画データの圧縮をすれば、元のデータより画質は落ちますが、このソフトだと市販品並みの画質精度で圧縮できます。
多くの雑誌やサイトで紹介もされている、定番のDVDコピーソフトと言えるでしょう。
ただし、市販のソフトに比べ作業スピードは遅いので、少数のDVDをコピーするのに向いています。
海外のソフトではありますが、DVD Shrinkで検索すれば、日本語化と日本語の解説サイトがすぐに見つかるでしょう。
また、DVD Shrinkだけでは、別のDVD-Rに焼く(コピーする)ことは出来ませんが、同じく無料で提供されているソフト「DVD Descrypter」がインストールされていれば、DVD ShrinkだけでDVD-Rに焼く所まで作業する事が可能になります。
次に紹介する市販のDVDコピー用ソフトは、無料のものより作業スピードが速く、複数のDVDをコピーするのなら、確実に値段分の価値はあると思われる、代表的な市販DVDコピーツールの一つ、「CloneDVD2」です。
これは機能を絞る事で、シンプルで使いやすく、作業が非常に速いDVDコピーツールです。

DVD1枚のコピーにかかる時間は、書込みも含めて30分程度という速さは驚異的です。
もう一つの代表的な市販DVDコピーツール「Nero 8 通常版」は、現在、最も売れているDVDコピーツールであり、DVDのコピーだけでなく、次世代DVDへのデータの書き込みも可能な高性能ソフトです。
他にも多くの機能があり、その分煩雑な印象がありますが、慣れれば快適なDVDコピー環境を提供してくれるでしょう。
貴方の大事な思い出の詰まったDVDが読み込み不良で消えてしまって後の祭りとなる前に、ぜひ定期的なバックアップで大事なデータを守りましょう。