DVDのコピー方法って?

DVDのコピー方法って?

ビデオに代わる手軽なメディアとして家庭に浸透しているDVDですが、DVDコピーの方法が分からないという声もよくききます。
DVDはテレビはもちろんパソコンでも音楽や動画を楽しむことができる便利なメディアです。
今までのビデオはかさばるため保管が大変でした。
しかしDVDはCDと同じ大きさで画質も音質も良く、大変重宝しますね。
いまやレンタルショップでもDVDが主役となっています。
家庭でも子供の成長を録画でおさめるのにDVDが大活躍します。
しかし昔のビデオならダビングできたのに、今のDVDコピーの方法は全くわからないという方が増えています。
これはパソコンや新しい機械に対する「難しい」「ややこしい」という先入観が影響しているのだと思われます。
難しいといわれるDVDコピー方法ですが、コツをつかめば誰でも行うことができます。
子供の可愛らしい様子をDVDコピーしてお祖父ちゃんやお祖母ちゃんに送ってあげたいという時も、方法さえ知っていれば簡単にできます。
ではコピーの方法を紹介しましょう。
まずはDVDコピーするためのフリーソフトであるShrinkが必要となります。
DVDには4.7GBの片面1層と8.5GBの片面2層という2つの種類があります。
普通は4.7GBのメディアには8.5GBの情報は入りませんが、Shrinkを使えば圧縮して入れることができます。
また再生やDVDコピーをたやすく行えないように、メディアにはプロテクト機能が備わっています。
このプロテクト機能を解除してからでないと、再生もDVDコピーもできないようになっています。

Shrinkはこの圧縮やDVDコピーの基本的なプロテクト解除を行ってくれるソフトなのです。
無料のフリーソフトなのでサイト上から簡単にダウンロードすることができます。
しかしこのShrinkは最新のプロテクトには対応していません。
その点を補うため最新のプロテクトにも対応しているFab HD Decrypterというソフトを併用してプロテクトを解除します。
まずFab HD Decrypterで中の情報をパソコンに取り込み、Shrinkで圧縮します。
そしてDecrypterを連携させて書き込みます。
それぞれ必要な3ソフトはすべて無料でダウンロードできます。
こうしてライティングを行った場合、特典映像までふくめた複製が可能なのです。
字幕の有無も選択できるという優れモノです。
しかも30分から40分ほどで作業が済んでしまいますし、ほとんどパソコンが勝手に行ってくれるのでダウンロードと最初の手順だけを一度覚えてしまえば簡単にできるようになります。
面倒だからと今まで業者に有料で頼んでいたという方も、これからは自分で手軽にコピーできますね。
家族の思い出のひと時や、大切な秘蔵映像は簡単にコピーしてみんなで楽しみましょう。