エクセルの関数

エクセルの関数

表計算で知られているエクセル。
このエクセルの便利機能に「関数」があります。
関数とは目的の処理を簡単にするために、あらかじめ定義されたプログラムです。
関数は、財務、日付/時刻、数学/三角、統計、検索/行列、データベース、文字列操作、論理、情報、エンジニアリングの10項目に分かれています。
エクセルの関数はたくさんあるので、まずは手軽によく使われる関数をマスターすることから始めるといいでしょう。
関数をマスターすれば、処理が短時間で手軽にできるようになります。
<よく使われる関数>
・SUM(サム):指定した範囲の合計値を出すことができます。
・SUMIF(サムイフ):指定範囲の項目や条件ごとに合計値を出すことができます。
・AVERAGE(アベレージ):指定したセルの平均値を出すことができます。
・MAX(マックス):指定範囲の最大値を求めることができます。
・MIN(ミン):指定範囲の最小値を求めることができます。
・COUNT(カウント):数値が入っているセルの数を数えることができます。
・COUNTA(カウンタ):数値だけでなく文字や式などのデータが入っているセルの数を数えることができます。
(未入力セルは数えません。
)・COUNTBLANK(カウントブランク):空白のセルの数を数えることができます。

・COUNTIF(カウントイフ):条件にあったデータが入っているセルの数を数えることができます。
・CONCATENATE(コンカティネイト):文字列と文字列を結合することができます。
・NOW(ナウ):現在の日付と時刻を自動的に表示することができます。
・TODAY(トゥデイ):現在の日付と時刻を自動的に表示することができます。
この他にも覚えると便利な関数がたくさんあるので、必要に応じて少しずつマスターしていくようにしましょう。