エクセルのグラフ

エクセルのグラフ

エクセル機能で知っていると便利なものにグラフがあります。
資料にグラフをつけることができたら見栄えもよくなり、またデータもわかりやすくなるので、グラフ機能を知っておいて損はありません。
エクセルのグラフには円グラフ、ドーナツグラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、散布図グラフなどさまざまな種類があります。
またグラフによっては立体、平面も選ぶことができます。
<グラフの特徴>
円グラフ、ドーナツグラフ:構成比(全体の大きさに対する各項目の比)を表すときに適しています。
棒グラフ:各項目の値を相互比較するのに適しています。
折れ線グラフ:時間の推移にともなう変化を表すときに適しています。
面グラフ:複数のデータの時間の推移にともなう変化を表すときに適しています。
散布図グラフ:時間に関係なく多くのデータ ポイントを比較するときに適しています。
<グラフの作り方>
・エクセルシートにベースとなるデータを入力します。
・グラフにするデータ範囲を指定します。
・グラフウィザードを選択します。
・グラフの種類を選択し、次に形式を選択します。
・サンプル表示を確認し、目的にあったグラフになっているか確認します。

・「データ範囲」タブを選び、範囲の確認をします。
間違っている場合は修正します。
・「タイトルラベル」タブでタイトル、X軸、Y軸などを入力します。
・グラフを表示するシートを選択し、完了です。
グラフの色や形、大きさ、タイトルや項目の表示、パーセンテージ表示の有無など自由に変えることができるので、グラフを作りながら試してみるといいでしょう。