エクセルのVBA

エクセルのVBA

エクセルのvba(ブイビーエー)と言われて何のことかわかりますか?
vbaとはプログラミング言語のことでVisual Basic for Application Editionを略したものです。
vbaを使うことで繰り返しの作業をなくしたり、操作や処理を自動化することができます。
エクセルvbaを使えば、データベースを作ることができるので、わざわざデータベースソフトを買わないで済みます。
また、自分が使いやすいようにデータベースを作ることができます。
エクセルvbaはパソコンにエクセルがインストールされていれば使うことができます。
<vbaの起動>
1.エクセルを立ち上げます。
2.メニューからツール→マクロ→「Visual Basic Editor」を選択するとするとVisual Basic Editorが起動します。
<vbaの用語>
・Visual Basic Editor:vba編集時に使用する機能で、操作手順を記録し自動化してくれます。
・オブジェクト:vbaの操作の対象となるもののことを言います。
・コレクション:同種のオブジェクトの集まりのことを言います。
・マクロ:作業を記録し自動化してくれるエクセルの便利な機能です。
・プロシージャ: Visual Basic コードの 1単位で、実行するときに処理される手順をまとめたものです。
プロシージャにはsubプロシージャ、functionプロシージャの2種類があります。

Subプロシージャはプログラム中、「Sub」で始まり「End Sub」で終わります。
functionプロシージャは「Function」で始まり「End Function」で終わり、関数のような働きをする特徴があります。
・モジュール:複数のプロシージャを合わせたものです。
・プロジェクト:モジュールの集まりのことを言います。
・デバッグ:プログラム上の誤りを見つけて直すことをデバッグと言います。