エクセルのマクロ

エクセルのマクロ

エクセル機能のマクロ、言葉は知っているけれどどんなものかよくわからないという人は多いのではないでしょうか。
マクロとは作業を記録し自動化してくれる便利な機能です。
マクロを使えばエクセルを使って実施した作業を記録し、繰り返し使うことができるので、繰り返し作業の多い人はマクロを知っておくと非常に便利です。
そんな便利なマクロはどうすれば手に入れられるか?
実はマクロはエクセルがインストールされていればすぐに使用することができるのです。
<マクロの記録作業>
1.エクセルを立ち上げます。
2.ツールからマクロを選択します。
3.「マクロの記録」ボタンを選択し、マクロの名前を入力して「OK」を押します。
ここからの操作が記録され、マクロが作成されます。
4.記録したい作業が終了したら、記録終了ボタンを押し終了します。
5.マクロ設定したエクセルを保存します。
<マクロの実施作業>
1.エクセルを立ち上げます。
2.ツールからマクロを選択します。
3.マクロ→マクロ→「実行」この手順「3」で、削除を選択すれば記録されたマクロは削除されます。

また、「編集」を選択すれば編集することができます。
<マクロのセキュリティ変更>
マクロのセキュリティが「高」に設定されていると、マクロが動かないときがあります。
この場合は次の手順でセキュリティを「中」に変更することでマクロが動くようになります。
1.ツール→マクロ→セキュリティを選択します。
2.「セキュリティレベル」が「高」になっていたら、「中」を選択し「OK」を選択します。
セキュリティレベルを「中」に設定後、マクロ設定したエクセルを開くと「マクロを無効にする」、「マクロを有効にする」といった表示が出ます。
マクロを使うときは「マクロを有効にする」を選択します。
※セキュリティレベルは「中」が最適というわけではないので、重要度や用途に応じて高さを設定しましょう。