ワード検定

ワード検定

ワード検定というのは、Excelの検定とともに、たくさんあります。
Wordではなく「文書処理」、Excelではなく「表計算」という名前の検定も入れると本当にたくさんあるものです。
例えば、文書処理技能認定試験は、Wordの基本的な活用能力を測定する3級から、段組みやスタイルの作成、目次や索引の作成といった応用的な活用能力を測定する1級まで、スキルに応じて認定する試験というものです。
エクセル、ワード検定には筆記試験と実技試験があり、いずれも専用テキストが発売されています。
ワード検定のためには、テキストを使って体系的に勉強することが実力アップにつながるでしょう。
テキストは1種類にしておいて、徹底的に勉強することが大切でしょう。
ある程度、エクセルやワードを使っているのであれば、テキストを確認しながら、検定へと取り組んでいけるでしょう。
これから勉強をスタートしようとするならば、3ヶ月くらいの予定を立てて、進めていくといいのではないでしょうか。
独学でワード検定に望むというのでなく、パソコンスクールに通って勉強する方法もあります。
独学が向いているタイプの人と、やはり、決まった時間に、決まった場所で学んだ方が身に付く人もいますから、自分自身の性格を見極めて、選択するとよいでしょう。
教室に通う場合は、試験対応講座実施校に通って勉強するのが、効率的です。
勉強がある程度進んだら、受験できます。
試験は、全国のパソコンスクール等で実施しています。