ワードの使い方

ワードの使い方

現在ワードにはいろいろなバージョンがあり、新しいワードはインターネットを使ってマイクロソフト社からダウンロードできるようになっています。
また、パソコンの中には、マイクロソフト社の一番新しいバージョンのワードが最初から入っている場合もあります。
スタートの画面から、プログラムをポイントしてマイクロソフトワードを選択し、立ち上げます。
ワードは、公式文書の作成に主に使われるものなので、いろいろな種類の文書によって、ワードの使い方があります。
例えば、会社で何かのお知らせを文書で作成する場合には、左上に宛名を書き、一番右上に年月日と差出人の会社名と部署名や名前を縦書きで書きます。
ワードでは、ツールバーやメニューバーといった便利な機能を画面の上や下に表示することができます。
もし、何も表示されていない場合には、上の青いところで右クリックすると、必要なバーが表示されます。
バーの中で、横線が何行も四角の中に引かれているところは、文書の右揃え、左揃え、中央揃えです。
たいてい文書は改行しながら、左揃えで打って、最後に必要な行をポイントして、右や中央に揃え、文字の種類や大きさを整えるようになっています。
また、文章の途中には、記書きという形式もあります。
表を挿入する場合には、表の挿入バーのところをクリックし、必要な行数や列数をドラッグします。
ワードでは、表をグラフにすることもできます。
また、オートシェイプといって、画像や線画を挿入することもできます。