万が一のためのバックアップ、リカバリディスクを作っておく?

万が一のためのバックアップ、リカバリディスクを作っておく?

パソコンを使い始めると、そのデータを失った時の恐怖がわかるようになるのではないでしょうか?家族や子供たちの写真。
年賀状用の住所録データ。
メールアドレスや重要なメール。
自分が作ったHPや作品、文書などのデータ。
使用期間が長くなるほどに、その中には大切なデータがどんどん増えていきます。
もし、そんなパソコンが壊れたり、ウィルスなどにやられてしまったとしたら・・・。
その中のデータはもう、二度と取り戻せなくなるかもしれません。
そう考えると、何とかデータを残しておきたいと思いますよね?それをバックアップといいます。
基本的には、自分が保存したデータの内容やインストールしたソフト。
もっと広義には、IMEの辞書登録や様々な設定など、PCの使用環境。
そのようなものを定期的にバックアップして、別の媒体に保存しておけば、万が一のことがあった場合にもデータなどを取り戻せるというわけです。
それに対して、リカバリディスクとは、PCを購入した時の状態に戻すためのディスクです。
つまり、PCがウィルスや熱暴走など、何らかの原因でWINDOWSを起動する部分のシステムに損傷を受けてしまい、システムの復元やデフラグ、クリーンアップなどの様々な方法でも解決できない重大な損傷の時、PCの中を出荷時の時の状態に戻すために必要なディスクです。
昔はフロッピーでしたが、現在はCDが主流で、基本的にメーカー製のPCなら購入時に付帯しているはずです。
自作PCなどで付帯していない場合には自分で作ります。