バックアップの方法

バックアップの方法

パソコンは大変便利な道具ですが、使い方を誤るとかえってトラブルのもととなります。
パソコンを使用する際最も重要なのがデータの保存ではないでしょうか?
パソコンは紙等とは異なり、データを形ある物として保存するわけではなく、電気信号として保存しています。
従って、簡単にデータが損傷したり、紛失、消滅する可能性がありますので常に二重、三重のバックアップをする必要があります。
バックアップの方法は様々有りますが最も簡単な方法は、dvdやcdに重要なファイルを保存する方法です。
これならばあまり費用をかけずバックアップをとることができます。
しかしながら、毎回記録する作業は時間もかかりますし、保存したメディアの保管場所にも困ります。
そこで便利な方法が他のハードディスクに保存する方法です。
外付けのハードディスク等を別に購入し、パソコンに接続して重要なファイルを保存しておきます。
最近では新しく追加されたり、更新されたファイルのみを自動でバックアップする機能を備えたハードディスクも販売されていますので大変便利です。
また、外付けのハードディスクならば自分で好きな容量を購入する事ができますので、データ量を気にせずに使用することができます。
また、最近ではレンタルサーバなど大容量を保存できるものも安価に利用できますのでバックアップとして利用したり、サーバを丸ごとバックアップするサービスが付帯されているレンタルサーバもありますので、自分の使用用途に応じたバックアップをとることが可能です。
パソコンデータはある日突然消滅してしまうかもしれません。
日頃からバックアップに気を配りましょう。