画像の取り方と保存、サイズ変更

画像の取り方と保存、サイズ変更

最近のカメラといえばデジカメが主流となりました。
今やよほどこだわった人でない限りフィルムのカメラを使っている人は少ないかと思います。
しかしながら、便利なはずのデジカメですが、一般の人はなかなか使いこなせていないのが現状のようです。
今までのカメラと同様に写真を撮ったらそのまま現像屋に出して写真を焼いてもらう人が多いようです。
折角デジカメを購入したのならその画像ファイルを利用してパソコンに保存したり、ホームページやブログにアップしたり、自分で色や文字を書き込んだりして遊んでみてはどうでしょうか?
画像で遊ぶには、画像の取り方と保存、サイズ変更が基本となります。
自分のパソコンでカメラの画像を取り込むには様々な方法があります。
多くの場合、デジカメ購入時にusbケーブルが付属されていますので、デジカメとパソコンにつなぐだけで簡単に画像ファイルをパソコンに取り込むことができます。
そのまま、パソコンのフォルダに入れればコピーできますので、保存は簡単です。
しかしながら、意外に難しいのがサイズの変更です。
画像に関する知識がないとなかなかサイズ変更は理解しづらい点ではないでしょうか。
多くの人は写真を縮小すればサイズが小さくなると思っているようですが、ファイルサイズを落とすにはこの縮小作業ではできません。
デジカメで撮った写真の多くはファイルサイズがとても大きく、そのままではホームページにアップすることができませんので、ファイルサイズを縮小する必要があります。
ファイルサイズを変更するには専用の画像編集ソフトが必要となります。
このソフトを利用して写真の拡大・縮小するのではなく、ファイル自体の画素数を変更したり、画像サイズを変更する作業が必要となってきます。
その他にも画像編集ソフトには色を変えたり文字を入力したり、複数の写真を合成したりと様々な機能が搭載されています。

是非とも欲しいソフトではないでしょうか。