Adobe Illustratorってどう?

Adobe Illustratorってどう?

画像編集ソフトといえば「Adobe Illustrator」が、世界的なDTP業界でのデファクトスタンダードになっています。
この「Adobe Illustrator」は、アドビシステムが販売しているベクトル画像編集ソフトで、最大の特徴点はベジェ曲線をハンドリングすることで簡単かつ強力な描画が可能になっているのです。
この「Adobe Illustrator」は、本来Adobe社内用のフォント・Postscript編集用ソフトだったのですが、1985年にMacintosh用として一般にリリースされたのです。
「Adobe Illustrator」での直線や曲線は、ペンツールによって作られるアンカーポイントとハンドルのバランス=ベジェ曲線で決定されます。
カーソルの動きがそのまま線になるわけではないので当初は扱いが難しいのですが、慣れると直感で思い通りの線が描けるようになります。
また「Adobe Illustrator CS」からは、Postscriptによる3Dモデリング機能が追加され、「Adobe Illustrator CS2」からはビットマップ画像をベクトル画像に変換する「ライブトレース」機能が追加されて、さらに総合的なソフトになっています。
また、プラグインの追加で機能拡張もできるようになっているのです。
印刷業界などのデザイン業界で、Macintoshが標準PCといわれるのもこの「Adobe Illustratorが最初にMacintosh版でリリースされたからだ」、ともいわれているのです。